東京喰種:reのネタバレ感想169話

シェアする

ここでは、東京喰種:re 169話の簡単なあらすじと、実際に読んでみての感想を紹介していきます。内容上、多少のネタバレはありますので、その点はご了承ください。

前回の168話で、ついに対峙した亜門とドナート、そして四方とウタ、古くから付き合いがある組み合わせ同士で、どんな戦いを繰り広げるのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 169話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ169話【ネタバレあり】

まずは、東京喰種:re 169話のあらすじから簡単に紹介していきます。

東京喰種:re 169話では、ついに因縁の戦いが始まります。169話でメインとなるのは、四方とウタの戦いです。古くからの付き合いということで、会話があるのかと思いきや、意外といきなり激しい戦闘を繰り広げる展開となっています。

>>東京喰種:reのネタバレ170話|四方VSウタの展開は?

どちらも本気で戦っている所をあまり見ていないので、かなり新鮮ですし、何よりハイレベルな戦いになっています。169話では、なぜウタたちがピエロに在籍しているのかなんてことにも少し触れられていますので、徐々にピエロのことが明らかになっていきそうです。

また、亜門とドナートの戦いも始まっていますが、相変わらずドナートの底知れない強さが不気味です。亜門も強いとは思いますが、そもそもドナートは倒せる相手なのでしょうか?

>>東京喰種:reのネタバレ170話|亜門はドナートに勝てない…!?

この2組の戦いは、ここからさらに白熱していきそうですね。

東京喰種:reの感想169話

続いては、東京喰種:re 169話の感想に移ります。

ついに四方とウタの戦いが始まりました。この戦いは、やはりどこかで待ち望んでいた展開でしたので、ついに来たかといった感じです。何より、ウタが本気で戦っているあたりがいいですよね。

これまで、ウタは相手をからかうような戦いしかしていなかったので、ここまでまともに戦う姿を見るのは初めてです。しかも、四方の戦うのが楽しいのか、いつものクールなウタじゃないんですよね。

笑顔で感情を表に出して戦うウタは、まさにピエロの一員といった感じです。この2人が本気で戦う姿を見るのは、イトリの立場としては複雑かもしれませんね。

このまま2人がまともに戦えば、どちらか1人もしくは両方が命を落とすでしょう。どちらに転んでも、なかなか辛い展開ですよね。できれば両方とも生き残ってほしいですが、本気で戦っているようなので、そうもいかないのでしょうね。

まとめ

今回は、東京喰種:re 169話のあらすじと感想をご紹介しました。東京喰種:re 168話の展開そのままに、東京喰種:re 169話はかなり熱い展開になっています。このままいくと、次の170話でさらに戦闘が加熱していくと思われるので、一気に盛り上がっていきそうですね。

>>東京喰種:re 170話のネタバレ|旧多VS金木始まる…?