東京喰種:reのネタバレ感想171話

シェアする

ここでは、東京喰種:re 171話の簡単なあらすじと、実際に読んでの感想をご紹介していきます。内容的に、多少のネタバレがありますのでその点はご注意下さい。

前回、170話でウタを倒した四方、これで戦いが終わるのか、それともどちらかが命を落とすまで続くのでしょうか?亜門とドナートとの戦いでも、屋上で見守る滝澤と小瓶が参戦するのがどうか気になります。

それでは、東京喰種:re 171話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ|171話【ネタバレ注意】

まずは、東京喰種:re 171話のあらすじを簡単に紹介します。

東京喰種:re 171話は、ウタと四方の会話で始まります。

赫者化して本気の勝負を挑んできたウタを倒した四方、ここからさらに戦いが続く展開も考えましたが、ウタに戦う気はなかったようです。

東京喰種:re 171話では、ウタの子供のような純粋な想いが語られます。ウタがピエロとして活動していた理由は、自分の為であり、親友である四方のためでもあったのです。

また、イトリもどうやらそんなウタを見守っていただけのようで、ウタの四方2人の気が済んだなら、それで満足だといった感じです。ということで、ウタと四方の関係はまた元に戻ったのでした。

そして、もう一方の亜門VSドナートも展開が変わります。参戦するかに思っていた滝澤と小瓶でしたが、どちらも参戦しないようです。

果たして、亜門はどうなるのでしょうか?

東京喰種:reの感想|171話

続いては、東京喰種:re 171話の感想に移ります。

まず、東京喰種:re 171話を読んで一番に思った感想ですが、ちょっとウルっときた回でした。何よりの感想は、四方とウタの関係が羨ましいということです。

これまで金木たちのお兄さん的なポジションだった2人ですが、ウタはそれをあまりよく思っていなかったようですね。おそらく、親友を奪われた感じだったのでしょう。

四方は、かつてはウタと4区で暴れていましたが、芳村と出会って唯一の血縁であるトーカやアヤトを見守る役割を担うようになりました。ウタとしては、そのことで遊び相手がいなくなった形ですね。

つまり、今回旧多側についた理由は、ただ久しぶりに四方と全力で戦いたかったからということになります。もちろん、他にも理由があるのですが、一番大きいのは四方と遊べなくなったことだと思います。

ただ、今回本気で衝突して想いの丈を知れたので、また以前のような関係に戻れるかもしれませんね。ウタが有馬と戦っていた理由も、なかなか泣かせるものでしたよ。

一方、不利な戦いが続いている亜門とドナートですが、こちらもなかなかセンチな展開になります。滝澤と小瓶、亜門の境遇は、ある意味似ていたのです。

特に滝澤と亜門は、今まさに同じことをしようとしています。それが滝澤にとってどれだけ辛い事だったのか、亜門にとってどれだけ辛い事なのか、滝澤が口を開いたことで、感情が流れ込んでくるようでした。

なかなか辛い展開ではありますが、東京喰種:re 171話はどこかほっこりとするような展開にもなっているので、見ていない方はぜひ読んでみて下さい。

まとめ

今回は、東京喰種:re 171話のあらすじと感想を紹介しました。

東京喰種:re 171話は、通してウルっとくるような展開になっていましたので、一度読んでみることをオススメします。コミックス派の人は、楽しみに待つのもありですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら