東京喰種:reのネタバレ172話|政VS芥子が始まる!?

シェアする

東京喰種:re 172話のネタバレを予想するにあたって、気になるのは和修政VS芥子たちの戦いがまだ行われていないことです。政にとって、芥子らVは父であり祖父の仇であるはずですが、因縁はあれどもまだ戦いは始まっていません。

今回は、政と芥子らVとの戦いがそろそろ始まると考え、東京喰種:re 172話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ172話|CCG VS Vは最終決戦へ…

ここでは、政を含めたCCGと芥子らVとの戦いが最終局面を迎えるとして、東京喰種:re 172話ネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 171話では、自分を育ててくれた父親への想いを断ち切るように、亜門がドナートを倒しました。これにより、ドナートが操っていたであろう梟は動きを止めたはずです。

本局の外で交戦していたCCGの捜査官達は、梟の広範囲の攻撃によって苦戦していました。この状況で、梟の動きが止まったのであれば、あとはVたちを殲滅していくだけになるはずです。

Vは、もはや全員が喰種になったようなので、ここからは半喰種たちとの真剣勝負ということで、いつもの戦闘に変わるわけですね。ただ、相手はあのVが喰種化しているので、かなり手強い相手になるでしょう。

ですが、ピエロたちとの戦いが終わった以上、戦力を分散する必要はありません。残るは、旧多とVだけなので、旧多は金木に任せてCCGはVとの最終決戦に踏み切ることができるはずです。

Vとの決戦となれば、忘れてはならないのがあの人物ですよね。

東京喰種:reのネタバレ172話|政VS芥子へ…

Vと因縁がある人物とは、Vに親族を根絶やしにされた和修政です。

政の父親である吉時は、流島で丸手が手にかけたと思われていましたが、そうではなかったことを政が自らの口で瓜江に説明するシーンがありました。どうやら、吉時を手にかけたのは、Vのようです。

さらに、祖父である常吉や和修一族を手にかけたのも、旧多でありVです。つまり、政にとってVは一族の仇にあたるわけです。

ここまでおぜん立てが出来ておいて、政が芥子らVと戦わないという選択肢があるわけがないですよね。政も和修家なので、もしかすると喰種かもしれません。かつて、流島で丸手が問い詰めた時、吉時も赫眼を発言させていましたからね。

もし政が喰種なら、喰種とCCGが協力するようになった今、政が喰種の力で戦う姿も見れるかもしれません。もしかすると、政が戦っている時に服が破れていくのは、赫子を使っているからなのかもしれません…。まぁ、さすがに違うと思いますが。

政が半人間か喰種なのかは分かりませんが、ようやく本気で戦う政を見れるかもしれませんね。政も、何かと不遇を受けているので、出来ればここで全て清算してほしいものですね。

まとめ

今回は、政と芥子が戦う展開を考え、東京喰種:re 172話のネタバレを予想してみました。

梟を操るドナートが倒れた今、メインの戦場の状況は大きく好転するはずです。ようやく、あちらのCCGとVの戦いも、最終局面に入るのかもしれませんね。

東京喰種:re 172話のネタバレ予想は他にもあります

>>東京喰種:reのネタバレ172話|アキラが亜門を…

>>東京喰種:re 172話のネタバレ|金木VS旧多へ…

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら