東京喰種:reのネタバレ感想174話

シェアする

ここでは、東京喰種:re 174話の簡単なあらすじと、実際に読んでの感想をご紹介しています。内容的に、多少ネタバレが含まれている部分もありますが、その点はご了承ください。

ついに、新しい赫子を使い出した金木、かなりの実力者である旧多を相手に、金木はどこまで戦えるのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 174話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ174話【ネタバレ注意】

まずは、東京喰種:re 174話のあらすじを簡単に紹介していきます。

前回の173話では、旧多が金木を相手に本気で戦い出し、金木もそれにこたえる形で新しい赫子を出したシーンで終っていました。174話では、金木が新しい赫子で旧多と戦います。

金木の新しい赫子は、まるで天使のような形をしており、赫子というよりはどちらかというと鎧に近い印象です。攻撃をする赫子は、とがった十字架のような形をしており、これで切り裂くような戦い方です。

その強さはと言うと、まさに圧倒的ですね。攻撃範囲もさることながら、一撃で敵を倒せるような抜群の破壊力です。

さすがの旧多もこれに応戦するのは難しいようで、ついに赫者のような形態となり、本気で金木に挑むのでした。果たして、金木と旧多の戦いの結末はどうなるのでしょうか?

東京喰種:reの感想174話

続いては、東京喰種:re 174話の感想に移ります。

旧多は、有馬クラスの動きと嘉納式による半喰種化で、正直かなりの強さだと思っていましたが、金木の強さは次元が違ったようです。

これまでは、必死で戦ってなんとか勝ってという印象でしたが、今回はまだ余裕すら感じられます。頭もまったく暴走せずに冷静ですし、新しい力を普通に使いこなせています。

金木が暴走する展開もあるかと思いましたが、ここまでくるとその展開はなさそうですね。可能性があるとしたら、まだ見ぬ竜と戦う時でしょうか?

相手がどんな姿かは分かりませんが、リゼの姿をしているのだとしたら、金木はかなり動揺するでしょうしね。ただ、金木はもはや何かを決心しているようなので、特に迷わず冷静に事を進めるかもしれません。

意図的ではないとは言え、東京を破壊した張本人が、今度は東京を救った救世主になるのかもしれませんね。隻眼の王も、あながち嘘ではなくなってきましたね。

まとめ

今回は、東京喰種:re 174話のあらすじと感想を紹介しました。金木の圧倒的な強さと決意が、物語の佳境を表現しているようですね。果たして、どんな結末を迎えるのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら