東京喰種:reのネタバレ175話|旧多の目的が判明!?

シェアする

東京喰種:re 175話のネタバレ予想を、旧多の目的を考えることで行っていきます。これまで、旧多の目的は一向によく分からないままでしたが、174話の最後のシーンで少し明かになったような感じがありました。

ここでは、そんな旧多の目的から、東京喰種:re 175話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ175話|旧多の目的が判明!?

今回は、旧多が何の目的で今回の竜騒動を起こしたのかを考えることで、東京喰種:re 175話のネタバレを予想していきたいと思います。

旧多の目的を考えるうえで、ヒントになりそうなのは東京喰種:re 174話の最後のシーンです。174話の最後、旧多は金木の攻撃を受ける直前、あるシーンを思い浮かべていました。

それは、旧多が子供を抱いているシーンです。そこには奥さんだと思われる姿もあり、彼女がリゼなのかもしれません。

旧多は、和修の分家の人間なので、有馬と同じく半人間という立場になります。つまり、有馬のように30歳ぐらいで寿命を迎えるということです。30歳で寿命が来るということは、子供を授かることが出来ない、もしくは授かっても育てることができないということです。

つまり、旧多はただありふれた家庭に憧れていただけなのではないでしょうか?普通に生きて普通の家庭を持つ、これができない人間を生み出している和修を憎み、和修を壊したのかもしれません。

その根底には、自分たちと同じような悲劇の半人間を生み出したくないというのがあったのかもしれません。和修を潰し、和修が牛耳っていたCCGを潰す、これで旧多のような半人間は生まれなくなったということなのでしょう。

東京喰種:reのネタバレ175話|竜は旧多の子ども?

旧多が竜を生み出した理由についてですが、もしするとこれは単に自分の子供をつくろうとしていただけなのかもしれません。

>>東京喰種:reのネタバレ175話|旧多の目的が判明!?

旧多は少なからず喰種の血が混ざった半人間なので、そもそも子供を授かれるかどうかが分かりません。人間と喰種が子を成す可能性はほぼ0なので、その血が混ざっていたら子を成せない可能性もあるでしょう。

特に、半人間という立場上、喰種とも人間とも子を成せない状況なのかもしれません。だとすると、一般的な家庭に憧れるのは分からないでもありません。そもそも、30歳程度の寿命なら出来たとしても子供と過ごせる時間はわずかです。

金木を媒体に作り出したあの生き物は、リゼの核をメインに作り上げたものです。もしかすると、旧多にとって生まれてきた竜は自分とリゼの子供だという認識なのかもしれません。

>>東京喰種:reのネタバレ175話|竜はどうなる…?

そうだとすると、かなり辛い道を歩んでいたことになります。あれだけ大々的な事を成し遂げた背景にあるのは、純粋な家庭への憧れだけだったのかもしれませんね。

まとめ

今回は、旧多の目的を予想し、東京喰種:re 175話のネタバレについて考えてみました。この考え方が本当なら、旧多もかなり辛い道を歩んできたことになります。今思うと、有馬にとっての子供は、金木だったのかもしれませんね。

>>東京喰種:re 175話のネタバレ|金木は旧多を助ける…?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら