東京喰種:reのネタバレ176話|古間と入見は戻ってくる?

シェアする

東京喰種:re 176話のネタバレを予想するにあたって、明らかに気になるのは古間の入見の安否ですよね。Vによって自立型クインケに改造された猿とブラックドーベル、果たして彼らは戻ってくるのでしょうか?

ここでは、古間と入見の今後について考え、東京喰種:re 176話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ176話|古間と入見は戻ってくる?

今回は、クインケに改造された古間と入見がどうなるのかを考え、東京喰種:re 176話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 175話で、古間と入見は衝撃的な登場をはたしていました。謎の襲撃を受けたであろう描写があった古間や入見達でしたが、なんとVにクインケとして改造されていたようです。

しかも、CCGにはない自立型クインケということで、形はそのままあやつり人形になっている感じです。どうやら、赫包に何かしらの細工をしているようなのですが、これって一応生きてはいるということなのでしょうか?

もし生きているのであれば、Vを倒した後にうまくすれば戻って来れるような気がします。じゃないと、あまりにも彼らが不憫すぎるので…。

これでお役御免になるのであれば、せめて見せ場が欲しいところです。最後はVの支配にあらがって命を落とすというパターンもありですが、やはり不憫なことには変わりがないので、古間と入見の最後としては辛いですよね…。

東京喰種:reのネタバレ176話|古間と入見を治せるのは…?

仮に古間と入見がまだ生きているとして、Vを倒した後に治せる前提だとすれば、治せる人はいるのでしょうか?

第1候補となるのは、やはりCCGの天才・地行博士でしょう。地行博士は、嘉納も一目置くほどのクインケ技術の権威なので、嘉納にできたなら地行に治せないことはないのではと思います。

もう1人の候補は、嘉納の弟子をしていた貴未でしょう。彼女は、嘉納の技術や知識を吸収している第一人者なので、嘉納ができたことなら逆も出来そうな気がします。

というか、そもそも嘉納が改造クインケを作っていた時に、貴未もその場にいたのではないでしょうか?古間と入見がやられたのは金木が暴走する前です。

つまり、時系列としてはここから嘉納が墓で自害するまでの間に作られたことになります。嘉納は、実は良い人だった風の最後を迎えたので、その直前でここまで非人道的なことをするでしょうか?

もしかすると、治し方を貴未に伝えているかもしれませんね。何にせよ、古間や入見がまだ生きているなら、研究者たちの腕で元に戻れるような気はしますね。

まとめ

今回は、古間と入見がまだ生きているという程で、元に戻れるのかどうかを考え、東京喰種:re 176話のネタバレを予想してみました。まだ生きているなら、Vさえ倒せば研究者たちが何とかしてくれると思うので、ぜひとも操られているだけであってほしいですね。

>>東京喰種:reのネタバレ176話|ついに芳村復活か…?

>>東京喰種:re 176話のネタバレ|不知もクインケになり復活!?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら