東京喰種のネタバレ177話|竜は消えるのか…?

シェアする

東京喰種:re 177話のネタバレを考えるにあたって、気になるのは竜がどうなるのかですよね。あれだけ大きな存在でまだまだ謎が多い竜ですが、核となる部分を叩けば全て消えていくのでしょうか?

ここでは、竜が消えるのかどうか今後の顛末を考え、東京喰種:re 177話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ177話|竜は消えるのか…?

今回は、竜がここからどうなっていくのかを考え、東京喰種:re 177話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 176話で旧多との決着がついたことで完全に独立した存在になった竜、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか?

普通に考えれば、このまま扉の奥にいた赫子の化け物のような生き物を金木が倒して終わりです。ただ、あれを倒せば本当に事が解決するのかはまだよく分からないままですよね。

実際、旧多が竜と呼んでいた繭のようなものから出てきた女の子は、まだどこにも出てきていません。あの赫子の化け物が彼女である可能性はありますが、普通に卵管の元となる赫子が暴走しているだけの可能性もあります。

問題は、どれが卵管の核になっているかですよね。いかに卵管を止めるかがここからの動きで重要にんるでしょう。あの赫子を全て破壊すれば止まるのかもしれませんが、金木1人であの相手をするのか厳しいかもしれません。

それか、今の金木の強さなら大丈夫なのでしょうか?何にせよ、まずは金木があの赫子を相手にしないとどうしようもないでしょう。

東京喰種:reのネタバレ177話|リゼは生きている…?

あの赫子が繭から生まれてきたリゼのものかどうかは分かりません。ただ、卵管の根元にも赫子があると考えられる以上、リゼと呼ばれる女の子が別で生きている可能性はあります。

あのリゼが害がない生き物なら良いですが、旧多に竜と呼ばれる以上、あの女の子が竜の核となっている可能性はあります。

となると、あの子を倒さなければこの騒動は収まりません。あの子がリゼなのかどうかはわかりませんが、旧多が彼女を生かそうとしていたとは考えられないでしょうか?

すなわち、リゼを化け物から分離させ、彼女には別の場所で生きてもらい、処理されるのは残った竜の残骸だけだということです。

生まれたてのリゼはまだ人としての形を保てていなかったので、ある程度形がかたまるまで時間が必要だったということなのでしょうか?

それなら旧多の時間稼ぎは化け物が完全体になるためではなく、リゼを人として逃がすためだったとも考えられます。旧多はリゼに好意を持っていたようなので、最後に生かそうとしてもおかしくはないですよね。

事の顛末はまだ分かりませんが、旧多がリゼを守ろうとしていた可能性があると思うと、金木は遠慮なく赫子を破壊すれば万事解決となる気がします。

あとはVとRc細胞過剰分泌症の問題さえ解決すれば、うまく収束するのではないでしょうか。

>>東京喰種:reのネタバレ177話|金木は1人で戦う…?

>>東京喰種:re 177話のネタバレ|Vを倒すのは誰…?

まとめ

今回は、竜のくだりがどんな結末を迎えるのかを予想し、東京喰種:re 177話のネタバレについて考えてみました。

どうしても、まだ真相が分かっていないので終わりがイメージしにくいですが、何となくいい感じでまとまっていくのではないかと思っています。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら