東京喰種:re 82話「心臓を」ネタバレ|8巻

シェアする

前回の東京喰種:re第81話では、ついに金木研が有馬貴将のクインケを破壊した所出終わっていました。金木研と有馬貴将の戦いが終わる東京喰種:re第8巻82話「心臓を」ネタバレしていますがご紹介します。

スポンサーリンク

リゼの赫子


東京喰種:re第8巻82話「心臓を」は、右眼が赫眼に変わっている旧多から始まります。天井を仰ぎながら「あ~」という旧多、すると何かを感じたようで、「あらま」と言います。「やられちゃったんじゃあないですかパパリン(梟クインケ)」とエトに話しかけます。

「あなた同様」、旧多の目線の先にいるのはエト、なんとエトは旧多にやられていたのでした。喰種の感覚はビンビンだという旧多、梟のクインケが負けたのが分かったのも、喰種の感覚によるものなのでしょう。

やってて良かった嘉納式という表現をする旧多、嘉納による喰種化施術を受けたのでしょう。旧多は、Vの連中を倒してくれたことにお礼を言います。旧多は、立場上半喰種になっているということを知られるとまずいそうです。

「赫子はリゼか」と聞くエト、旧多は「カネキくんとおそろいです」と言います。さすがリゼさんの赫子という旧多、「美しいなぁ」と絶賛しています。リゼの赫子はそれほどに強いのですね。そういえば以前ヤモリも金木の回復力は異常だと言っていました。

少々ぶっ殺さねば行けない方々がいるのでと話し去っていく旧多、いい感じに欲しいモノも手に入れられそうだと言います。そんな旧多に、Vも和修も意に介さず何を望むと聞くエト、旧多は「超平和」と答えるのでした。

旧多の欲しいモノとは何なのでしょうか?全く想像もつきませんね。目的も意味がわからないので、もう少し情報が欲しい所ですね。

無意味

有馬のクインケを破壊した金木、「終わりです」と有馬に告げます。しかし有馬は、「戦いは相手を殺すまで続く」と壊れたクインケで金木に向かってきます。「貴方らしい」と防御する金木、そんな有馬に金木も赫子で応じます。

有馬なら壊れたクインケでも戦えるから、向かってくるなら無力化するまで、足を攻撃するか腕を攻撃するか、そう考える金木でしたが、何もせずなぜか有馬の攻撃を受けました。腹部を刺される金木、その状態で有馬に語り掛けます。

「勝負はもうついてる、こんなこともう無意味(むなしいだけ)だ」

これを聞いた有馬は、「俺を殺す気もないか」とクインケをひきました。有馬の先程の言葉は、自分を殺すまで戦いは終わらないといった意味だったのでしょうか?金木もそれを理解して攻撃をしなかったのかもしれませんね。

敗北

有馬は、初めて敗北を味わっていました。18年間捜査官をやってきて、相手を前に打つ手がなくなったのは、なんとこれが初めてだそうです。

最後にもう一度聞くという有馬、「本当にトドメを刺すつもりはないんだな」と金木に尋ねます。「気持ちは変わりません」と答える金木、金木の言葉を聞いた有馬は「そうか」と答えます。

次の瞬間、なんと有馬は壊れたクインケで自分の首を切り裂いたのでした。

まとめ

旧多の強さはエトをもしのぎました。いくらエトが弱っていたからと言え、ここまで圧倒するのは相当な実力だと考えられます。金木といい旧多といい、やはりリゼの赫子は規格外なのかもしれません。

そして、なぜ有馬は自ら首を切ったのでしょうか?金木は、明らかに有馬を生かそうとしていました。にも関わらず、なぜ有馬はこんなまねをしたのでしょう?単純に喰種に負けたからだけではない気がします。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら