東京喰種:re トーカに子供が…!?

シェアする

東京喰種:reのネタバレで、トーカがニシキから何か小包のような物を受け取っていましたよね。果たして、小包の中身は何なのか、そしてこれが何を意味しているのか、小包について物議をかもしていますので、その中身や意味について考察してみます。

スポンサーリンク

東京喰種:re トーカに子供が…!?

トーカがニシキから受け取った小包が何なのかを考えるにあたって、ヒントになるのはニシキの言葉ですよね。

ニシキがトーカに向けた言葉は、そんなもの何に使うか聞かない、でした。つまり、普段はあまり使わないものだということです。このシーンで、ニシキはトーカに気を使っているようにも見えました。トーカもニシキにしか頼めないものだと推測できます。

つまり、信頼している相手にしか頼めない、あまり表立っては言えない内容だということですよね。となると現状で一番考えられるのは、金木関連ですよね。ずばり、ニシキからの小包は、妊娠の有無を調べるためのもので、金木との子供ができたのではないでしょうか?

それなら、126話でトーカが金木に指輪を渡した本当の理由もわかりますよね。トーカにとって、金木は家族と同等の扱いになったということです。

金木も、トーカに指輪をもらってから、喰種のために無理をしてでも戦う決意をしたようでした。その意識の違いは、月山にも見抜かれていましたので、内面だけではなく、姿勢が大きく変わっているのでしょう。

仮に子供ができていたとして、金木はまだ気づいていないでしょうね。おそらく、トーカは子供ができても隠すのではないかと思います。

金木は、子供ができたと聞くと、今まで以上に無理をするでしょう。トーカはそれがわかっているので、金木に打ち明けないと思います。トーカは金木の事を誰よりも分かっているはずなので、王としての道を選んだ金木を見守り続けるのでしょうね。

せめて命を大事にしてもらおうとした結果が、今回の一件なのでしょう。トーカの小包、良い話だったらいいですね。

トーカと金木の子供はできる?

トーカに子供ができたと仮定して、金木とトーカの子供は無事に生まれることができるのでしょうか?

金木はもとは人間ですので、どっちの扱いになるんですかね?人間扱いなら、喰種と人間の間に子供が生まれる可能性は、限りなく低いはずです。

母胎が喰種だと、子供を栄養と勘違いして、吸収してしまうそうですからね。成功例として、芳村と憂那がエトを授かった時は、母胎が人間でした。

このとき、母胎が人間だと、喰種の血を引く子供は栄養失調に陥ってしまうのですが、憂那は人間の肉を食べることでこれを補いました。

今回のケースは、芳村と逆のケースになるので、どうなるか分からないですよね。そもそも、今の金木が人間として扱われるのかは疑問です。

金木のRc細胞値は、すでに喰種の値でしたよね。つまり、金木は喰種として扱われても、なんら不思議ではありません。もし、金木が喰種扱いなのであれば、子供に関しては何の問題もありません。

今後どうなっていくかはわかりませんが、是非とも金木、トーカの家族のハッピーエンドを期待したいですよね。最終回は、幸せそうに笑う金木やトーカ、そして子供の絵、そんなハッピーエンドならいいんですけどね…。

まとめ

トーカがニシキからもらった小包ですが、トーカに子どもができたことを意味するものだという結論に至りました。

他にも、依子の結婚祝いも考えましたが、インパクトが弱いですし、ニシキが気を使う意味がないですよね。そもそも、トーカがニシキに依子の結婚祝いを頼んだとして、誰へのプレゼントかは分からないはずですからね。

やはり可能性が高いのは、トーカと金木の間に子どもができたことでしょう。あの小包は、金木とトーカの間に子供ができたことを意味しているように思います。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら