東京喰種の考察|Vはなぜ旧多についたのか?

シェアする

東京喰種の考察、今回はVについてです。東京喰種において、肝心なところに関わってくるのがVです。彼らは裏組織のような役割を果たしており、CCGにも関与しています。そんなVですが、なぜ彼らは旧多についたのでしょうか?Vについても含め、その辺りを考察していきます。

スポンサーリンク

Vは和修一族

Vが和修一族だということは、旧多の話ですでに明らかになっています。

東京喰種:re 101話「玩具の」ネタバレ|10巻

Vとは、和修一族の事で、総家や分家など一族全員の総称を言います。和修吉時や政など、和修の総家は喰種の家系なのですが、分家はそうではありません。和修家には、それぞれ役割があるのです。

和修家の分家には、「タネ役」や「母胎役」、「雑用係」など様々な役割を持つものがいます。「母胎役」にも色々存在し、純粋な喰種の血を絶やさないための「母胎役」もいれば、人間との子を成す「母胎役」もいました。ちなみにリゼもこの「母胎役」でした。

旧多や有馬は、和修家の分家の出であり、彼らは純粋な喰種ではなく、人間の血が混ざった半人間です。人間と喰種との子と言っても、「隻眼の梟」エトのような存在は稀で、大半が有馬らのような人間となります。

ただ、喰種の血が混ざっているだけあって、普通の人間とは違います。彼らは、多少人間より身体能力が高い分、寿命が短いのです。CCGの白日庭出身者は、和修家分家の出であり、半人間のようです。主に0番隊に所属するような連中ですね。

表に出てきていた人物の中には、有馬や旧多以外にも、ハイルやクインクス班のシャオが白日庭出身です。確かに、全員身体能力がとびぬけていますよね。有馬はすでに寿命が近づいていましたので、おそらく他の連中も長くは生きられないのでしょう。

有馬や旧多は、裏から根回しをするような「雑用係」を担当していました。あんていくの芳村もかつてVの掃除屋として働いていましたので、「掃除屋」という役割も存在するのでしょう。ただ、芳村は和修家ではありませんよね。

東京喰種ネタバレ119話「旧九」|12巻

これは、Vに所属する喰種の中には、和修家以外の人物も存在するということなのでしょうか?となると芳村と交渉をしにきた芥子という人物も、和修家ではない可能性が出てきますよね。もしかすると、「掃除屋」の中には、和修家以外も存在するのかもしれませんね。

東京喰種ネタバレ125話「壊天」|13巻

旧多についたVは掃除屋?

今回、旧多は流島にいた政以外の和修家を皆殺しにし、「和修の王」になろうとしました。その時に手を貸したのがVです。このVは、ハットにスーツの連中で、かつて芳村を説得に来た、芥子と同じ格好をしています。

ということは、このスーツの連中は掃除屋なのではないでしょうか?旧多は和修家を皆殺しにしましたし、0番隊は平子についているので、旧多に付き従うVは一部です。となると、旧多に従うVは、掃除屋として活動していたVなのではないでしょうか。

さらに、過去に芳村も掃除屋として活動していたことから、掃除屋は必ずしも和修家ではない可能性があります。となると、旧多に従うのは、Vの中で和修家ではなかった連中と考えることもできますよね。

ということで、今回旧多についたVは、掃除屋かつ和修家ではないVだというのが、私なりの考えです。

Vが旧多についた目的は何?

ではなぜVは旧多についたのでしょうか?

旧多は、群衆をコントロールする方法を、「彼らの視線をひとところに集めること」だと話していました。つまり適当な敵をまつり上げて、CCGに退治させればいいのです。その相手は、ピエロだったり月山だったり、政治家や芸能人など誰でもいいそうです。

そうやってCCGを守ってきたのが、Vである和修家でしょう。この状況で均衡がとれた現代において、「隻眼の王」などというイレギュラーな存在は非常に邪魔です。こういう人物がいると、群衆をコントロールしきれなくなりますからね。

旧多は、和修家をほとんど滅ぼした存在ではありますが、この意見をもっているということは、今後、「和修の王」になってからは、今までと同じようにCCGを治めていくつもりなのでしょう。となると「隻眼の王」金木研は邪魔な存在になってしまいますね。

旧多に従うVが掃除屋なのだとすると、要は仕事ができればいいわけで、治め方が変わらないのであれば、誰がトップでも構わないということなんですかね?ただその場合は、和修家総家がトップでも良かったはずですので、いまいちしっくりきません。

となると旧多に付き従う理由はありませんよね。この理由を考えるのは、現時点では難しいのですが、旧多が上に立つことで、表舞台に出られるというのはあるのかもしれませんね。実際、旧多が指揮をとりだすと、早速スーツのVが登場し、金木たちと戦っていました。

東京喰種:re 107話「V」ネタバレ|10巻

和修家総家は、あくまで人間として生きていましたので、喰種の存在を気取られるわけにはいきませんでした。ただ、旧多の目的はリゼとの結婚ですので、そこまで気にはしないのかもしれません。

芳村が掃除屋をしていたぐらいですので、掃除屋が喰種だったとしても、おかしくはありません。となると、喰種であることを隠し、なおかつ分家を使って喰種の血を薄めようとしていた和修家とは、馬が合わなかったのかもしれませんね。

和修家総家との喰種に対する価値観の違い、これが残ったVが旧多についた理由ではないでしょうか。

まとめ

今回、Vが旧多についた理由を考えてみましたが、現時点では残ったVの情報がよくわかっていないので、おおまかな予想しかできません。和修家に恨みをもっていた、旧多の方が優遇されるなどの理由もあるかもしれませんね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら