東京喰種の主題歌は野田洋次郎【illion】に!

シェアする

本日、ついに映画「東京喰種」の主題歌が決定しました。主題歌は、RADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんのソロプロジェクト「illion」が担当します。

「東京喰種」と野田洋次郎さんの「illion」の組み合わせ、楽しみですね!

スポンサーリンク

東京喰種の主題歌は野田洋次郎【illion】に!

本日6月2日の18:30~全世界へ生配信されていた映画「東京喰種」のキックオフイベントで、ついに映画「東京喰種」の主題歌が発表されました。

今回、主題歌を担当するのは「illion」、これはRADWIMPSのボーカル、野田洋次郎さんのソロプロジェクトです。楽曲名は「BANKA」とのことです。

RADWIMPSといえば、昨年の映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」がヒットしたことが記憶に新しいですよね。テレビにも初出演し、かなり知名度が上がりましたよね。

今回も、アニメ映画ではないですが、漫画を原作とした映画ですので、続けざまのヒットを期待したいですよね。RADWIMPSから離れた野田洋次郎さんの「illion」、また違った音楽で表現してくれるであろう「illion」が、どんな主題歌を披露するのか楽しみですね!

野田洋次郎の【illion】って!?

では、RADWIMPSとillionはどう違うのでしょうか?

かつて、野田洋次郎さんは、RADWIMPSを「起きている時間」、illionを「寝ている時間」と表現しています。確かに、RADWIMPSに比べて、illionは落ち着いた曲が多いように思います。

野田洋次郎さんは、2012年にillionとしてのソロ活動を発表し、2013年の3月6日にファーストアルバム「UBU」を発売しています。

このファーストアルバムは、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランド、台湾といった日本以外の国でも発売されています。

海外で発売されているのもあってか、楽曲には英語詞の曲が多くなっています。もともとRADWIMPSの頃もないわけではなかったのですが、比率が多めということです。

個人的なイメージになりますが、曲調なんかも日本というよりかは海外に近い雰囲気があります。またRADWIMPSとは全く違う雰囲気が味わえて、私は好きですね。

まぁ、もともとRADWIMPSが好きでしたので、多少偏見が入っているかもしれませんが…。その才能が世界にとどろいている野田洋次郎さん、映画「東京喰種」の楽曲「BANKA」はどんな曲になるんでしょうね?

映画「東京喰種」に関する情報は、こちらにまとめています。

東京喰種の映画まとめ

まとめ

この度、映画「東京喰種」の主題歌が、野田洋次郎さんの「illion」になったわけですが、かなり予想外でしたね。私は、てっきり「凛として時雨」関係になるものと思っていました。

「illion」こと野田洋次郎さんが作った「BANKA」、発表が待ち遠しいですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら