東京喰種の映画|トーカの赫子が公開!

シェアする

7月29日に公開を控える映画「東京喰種」、本日はその中からついにトーカの赫子のビジュアルが公開されました。これまで、赫子のビジュアルが公開されていたのは、主人公の金木だけでしたが、今回はヒロイントーカの赫子です。

映画「東京喰種」における金木とはまたタイプの違うトーカの赫子、そのビジュアルは必見ですよ!

スポンサーリンク

東京喰種の映画|トーカの赫子が公開!

本日、映画「東京喰種」での、トーカの赫子のビジュアルが公開されました。これまで、赫子の映像は主人公の金木だけでしたが、これで2人目の赫子披露となります。

そもそも赫子とは何か知っていますか?

赫子は、喰種に多いRc細胞が体外に放出され、形を成したものです。喰種たちは、主に赫子を使って戦闘します。

CCGの捜査官達が使う武器「クインケ」も、この赫子を材料として作られたものです。というのも、喰種の身体はかたいので、そう簡単に傷つけることができないんですよね。そんな喰種の身体を傷つけられるのが、同じ喰種の赫子なのです。

このことから、捜査官のクインケは、喰種に傷をつけられる唯一の武器であり、喰種の赫子から作られた物でもあるのです。

すでに、画像を見て気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、金木の赫子と、トーカの赫子って違いますよね。実は、赫子にも種類があり、金木とトーカの赫子ではタイプが異なるのです。

東京喰種の映画|トーカと金木、赫子の違いは?

今回、映画「東京喰種」でのトーカの赫子のビジュアルが公開されましたよね。この動画は既に公開されていましたので、静止画でのビジュアルということなのでしょうか?

既に金木の赫子のビジュアルは公開されていますが、両者を比べると違いがあるのが分かります。金木の赫子は、触手のように背部から何本も出てきていますよね。対して、トーカの赫子は左肩のあたりから出ており、羽のような形をしています。

2人の赫子の形が違うのは、赫子には4つのタイプがあり、トーカの金木の赫子はタイプが違うからです。

4つの赫子タイプは以下の通りです。

・羽赫

・甲赫

・鱗赫

・尾赫

このように赫子には4つのタイプが存在します。このうち、金木の赫子は鱗赫に分類されます。

一方、トーカの赫子は羽赫です。その羽のような見た目からも、なんとなくイメージ出来ますよね。

他にも何人か喰種の登場人物が発表されていますが、それぞれ赫子のタイプを持っています。誰がどの赫子タイプなのか、形を気にしながら映画「東京喰種」を見るのも、楽しいかもしれませんね。

ちなみに、赫子のタイプには、相性の良し悪しも存在するのですが、おそらく今回の映画「東京喰種」では出てきませんので、気にしなくていいと思います。

まとめ

今回、トーカの赫子のビジュアルが新しく公開されましたが、やはりかなりのクオリティですね。ここまでのクオリティだと、少々リアルすぎてひいてしまう人もいるかもしれませんね。ただ個人的には、中途半端になるよりはリアルを追求した方が良いと思っています。

コミックスの実写化は、最近やたらと増えていますし、賛否両論が多いですが、今回の映画「東京喰種」は、1ファンとしてかなり期待しています。今の所、かなり高いクオリティになるのでは?と楽しみに情報を追っていますので、このままのイメージを保ってほしいですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら