東京喰種:re 13巻の表紙は誰?

シェアする

東京喰種:re 13巻の発売が10月19日に決定しましたが、その表紙が誰なのか気になりますよね。実は、東京喰種:re 13巻の表紙が誰なのかはすでに決定していますので、ここでご紹介していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 13巻の表紙は誰?

東京喰種:reの表紙が誰なのかは、コミックスの発売とともに話題になる誰もが気になるポイントです。今回の東京喰種:re 13巻に関しても、発売までに表紙が誰なのかと様々な予想が飛び交っていました。

それではここで、最近の東京喰種:reの表紙を振り返ってみます。

まずは東京喰種:reの10巻、こちらはクインクスの瓜江が表紙になっていました。東京喰種:re 10巻で、瓜江はドナートとの死闘を繰り広げていましたので、この巻を代表していると言っても良いでしょう。

続いての東京喰種:re 11巻は、六月が表紙です。このあたりから六月の変貌ぶりが話題になっていましたので、インパクトを与えたという意味では表紙になるのも妥当でしょう。


東京喰種:re 12巻は、才子が表紙でした。この巻の才子の出番と言えば、金木が生きていたことを喜び、CCGに対する不満をぶちまけた程度です。どちらかと言うと、才子が活躍をしたのは瓜江を救った11巻なので、六月と才子は逆でも良かったように思います。

ここまでクインクスの流れなので、「13巻の表紙は不知になるのでは?」との予想も上がっていました。一方で、「13なので、鈴屋になるのでは?」との意見も多かったです。果たして、13巻の表紙はどちらになったのでしょうか?

そういえば、少し話題にもなっていたのですが、この10~12巻のクインクスの表紙って、「見ざる言わざる聞かざる」の三猿になっているんですよね。瓜江が言わざる、六月が見ざる、才子が聞かざるです。これにも、何か意味があるのかもしれませんね…。

瓜江は口下手、六月は盲目(恋)、才子は人の話を聞かずに閉じこもる、私が思いついたのはこの程度ですね。

東京喰種:re 13巻の表紙はあの人!

では、結局東京喰種:re 13巻の表紙は誰になったのでしょうか?

正解は、鈴屋什造です。

これは予想が当たったという方も多いのではないでしょうか?

鈴屋ファンの方には嬉しい表紙ですよね。東京喰種の頃とは違った黒髪の鈴屋なので、新鮮ですよね。

発売日は10月19日ですので、楽しみにしておきましょう。

まとめ

今回は、東京喰種:re 13巻の表紙が誰なのかをご紹介しました。東京喰種:re 13巻の表紙は、黒髪の鈴屋ですので、発売を楽しみに待つとしましょう。

東京喰種:re 13巻の特典に関する情報はこちら

>>東京喰種:re 13巻の特典は何?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら